【シムズ4】デジタルデラックスアップグレードをしてみた

2021/01/08

つい昨日、やっとデジタルデラックスアップグレードをやってみたのでレビューがてら記録を残しておこうとおもいます。ええ今?と思うくらい遅いとおもうんですが、なかなか勝手が分からず長いこと躊躇していました。
初心者丸出しで悩んでいたわたしのように、同じくよく分からない方がいらっしゃれば、ご参考までに読んでいただけると嬉しいです。

デジタルデラックス版ってなに?

そもそも、デジタルデラックスってなに?という疑問をかれこれ2年ほど放置していたのがわたしです。
まず自分がよく分かっていなかったのでとても初歩的なことを書きますが、TheSims4は「ベースゲーム」と呼ばれるゲーム本体があり、それを購入したうえで、ゲームの要素を拡張する「パック」と呼ばれるものを追加インストールしていき、楽しめるゲームです。
最初にシムズ4の本体を購入する時、え?どれを買えばいいの?どれが本体?と迷った記憶があるんですけど、なんだかいろいろ出てくるんですよね。そこで標準版、デジタルデラックス版、バンドル、なんて文字を目にするかとおもいます。
「バンドル」と呼ばれているものは、複数の拡張パック(大きさで言うと大中小のそれぞれのパックを1つずつ)を3つセットで売っているものです。なので、バンドルを購入するなら本体を購入した後なのでこちらでは置いておきます。

そしてここで取り上げるのは標準版・デジタルデラックス版ですが、値段が少し違い、標準版の方が安いです。いろいろ分かったうえで今見ると当たり前なんですが、当初は「なんで値段が違うんだろう?何かついてくるのかな?え?じゃあそれは本体だけじゃないってこと?拡張パックが何か入ってるの?」と疑問だらけでした。
その結果、まずはシンプルに遊びたいから、と一番安い標準版を買ったのがわたしの話です。1000円くらい違うので、小さなパックが付いているのかなーと思っていたんですよね。

結果はいたって簡単な話で、「デジタルデラックス版」というのは「標準版の本体+少しオマケの要素が追加されているバージョン」です。一番小さなパックの「アイテムパック(SP)」と呼ばれるものがあるんですが、それに近い追加要素かとおもいます。
本体のみのベースゲームを少し豪華な状態から始めるバージョンとして「デジタルデラックス版」ということなんですね。

標準版とデジタルデラックス版の違い

じゃあ、デジタルデラックス版は何が違うの?結局どっちを買ったらいいの?とおもいますよね。わたしもずっとおもっていました。
今回購入に至って改めていろいろパックの中身とかを見てみたんですが、ざっくり言うと、デジタルデラックス版には
  • アイテム(服や家具)
  • イベント(開催できるパーティー)
  • サウンドトラック(ゲーム外で聞ける音楽)
が少し入っています。なので標準版のベースゲームより、少しアイテムの種類などが多いです。
実際にデジタルデラックス版で追加されているものを見てきたので、まとめてみます。

CASアイテム

シム作成時に追加される、服や帽子などのアイテムです。
こちらは「全身服」と呼ばれる上下セットの服で、大人の男性用2種、大人の女性用2種、大人の男女共用で3種、子ども用で1種、合計8種の追加があります。主に仮装やパーティーで着る服、といった雰囲気ですね。思い切ったホットドッグコスチュームは老若男女誰でも安心して着ることができます。
こちらは大人用の帽子5種、アクセサリーのメガネが1種です。ホットドッグの頭、死神のフードなど、上記の全身コスチュームと合わせて仮装させるものが主でした。
子ども用の帽子も2種あります。ホットドッグは帽子完備、揃えて着用することできれいなホットドッグになれます。
もうひとつ、パンダの帽子は他にもトラやウシなどがあり、これは被っていると大人も子どもも「悲しみのパンダ」「元気が出たフクロウ」「ぼんやりした熊」など各種ムードレットを取るようになる効果がありました。服を着せ替えた後シムがずっと悲しんでいる、という不思議な現象に見舞われたら、原因は頭の上のパンダです。
こちらはフェイスペイント2種です。おそらくピエロの仮装用かとおもわれます。本格的ですね

建築アイテム

プレイ中やワールド管理画面などから「建築モード」に入り、家具などとして区画に配置し、使えるオブジェクトです。

機能別オブジェクト>装飾品>絨毯
機能別オブジェクト>テーブル・台>ダイニングテーブル
機能別オブジェクト>安らぎ>ダイニングチェア
機能別オブジェクト>趣味とスキル>クリエイティブ
機能別オブジェクト>電子機器>その他
機能別オブジェクト>装飾品>壁の装飾
オブジェクトは、上記の7点が追加されます。アイテムパックに比べたら少ないですが、テーブルや椅子も可愛く、パーティー用に使いやすいものの追加かなとおもいます。
中でも「レーザーショー」は、電源を入れておくと近くにいる小学生・幼児を含めシムたちが幸せムードレットを取ってくれるので子育てもしやすくなり、かなり便利です。

料理とドリンク

キッチン(冷蔵庫・コンロ)に新しく追加される料理、バーカウンターから新しく作れるようになるドリンクです。
料理のカロリーが気になる方はこちら:太る料理太らない料理検証

料理


ドリンク

パーティー(社交イベント)

プレイ中、画面左下の電話アイコン>社交タブから「パーティーを計画する」で開ける社交イベントです。

ブラックホワイトパーティー

1つは「ブラックホワイトパーティー」というもの。白か黒か、色を決めて白黒はっきりしたパーティーを楽しむという面白いコンセプトだなとおもいました。
パーティーの内容としては、食事もあり、音楽を聴いたり交流もあり、そしてメインは白黒のものについて論議すること、という少し変わったものでした。
パーティーが始まると、全員それぞれが自律で白黒の服に着替えてくれました。雰囲気としては、シックで格式高いパーティーなのかなとおもいます。
CAS編集で、パーティー服に白黒で統一した服装を追加しておいても違うものに着替えていたので、ここでの衣装は任意では決められずにランダムで選ばれるみたいですね。
少しプレイしてみたんですが、パーティーの目標タスクに出てくる「黒白クッキーを焼く」というものが達成できず、「黒白ケーキ」で達成できたり、クラシックを同時に聴くタスクが完了されない、高品質の料理を作るタスクが完了されない、などタスクが完了できないバグがかなりあるようです。修正されるまで、絶対にゴールドメダルを取りたい時は選ばない方がいいパーティーかなとおもいます。
また、タスクを進めるのが結構大変だったので、キッチンに加え、バーカウンター、ティーメーカー、ピアノやステレオなど、設備が整っている場所で開かないとメダルを狙うのは難しそうです。
ですがパーティーは「目標イベント」という部分のチェックを外すことで、タスクを表示させずに開催することができ、そちらではかなりゆったり楽しめます。雰囲気も良く、他のパーティーとはまた違った気分で楽しめるので個人的にかなり嬉しい追加でした。

秘密の仮装パーティー

もう1つは「秘密の仮装パーティー」というもの。その名のとおり、みんなで仮装して楽しむパーティーだそうです。こちらも食事をしながら音楽を聴いたりおしゃべりしたりしながら、メインは仮装について話し合うパーティーでした。
パーティーが始まると、全員が仮装してくれます。こちらも設定ができないので、誰がどの仮装をするかはランダムみたいですね。ドンピシャで似合っている仮装のシムもいれば、普段の素行からは考えられない仮装をしているシムもいたり、見た目にも楽しいパーティーでした。

サウンドトラック

こちらはゲーム内コンテンツとして追加されるものではなく、ゲーム外で再生できる音楽のファイルです。
実際にシムズのゲーム内で使用されている音楽を、サウンドトラックとして聞けるよというものでした。
  1. Originからファイルを見つけるには、左側のタブから「ゲームライブラリ」を選択します
  2. そこでSims4のパッケージをクリックすると、ゲームの詳細が出て「プレイ」という大き目のボタンやゲームのプレイ時間などが表示されるかとおもいます
  3. その一番下に「プレイ中のフレンド」「エキストラコンテンツ」「拡張パック」「詳細」というタブメニューが並んでいるので、その中の「エキストラコンテンツ」をクリック
  4. するとゲームパックやら何やらがずらっと表示されるので、下へスクロールして「アドオン」というカテゴリの中から「デジタルサウンドトラック」を見つけます
  5. そこの「プレイ」をクリックすると、サウンドトラックの音楽ファイルが入っているフォルダが開くので、そこからお使いのメディアプレイヤーなどで再生ができます

以上がデジタルデラックス版の中身です。ただ服やオブジェクトが増えるだけでなく、パーティーの種類が2つも増えている、というのが個人的にはかなり魅力的だなとおもいました。ベースゲームってパーティーの種類が少なくて、いっつも同じパーティーになっちゃうな~と思いがちなんですよね。

つまり自分のベースゲームに、まあ拡張パックとかはまだいいけど、上にあるオマケ要素で欲しいのがあるからそれを入れたいな、と思った場合は、標準版ではなくデジタルデラックス版を購入、という形ですね。
もちろん標準版のベースゲームでも全然遊べますし、デジタルデラックス版じゃなくても拡張パックをいろいろ入れて遊べます。デジタルデラックス版の中身を見て、特にいらないかなと思ったら標準版でいいとおもいます。

デジタルデラックスアップグレードとは?やり方は?

では今回の本題、デジタルデラックスアップグレードについてです。
わたしのように最初に標準版を買った方、あとから調べたりなどしてデジタルデラックス版がよかったかも、と思うこともあるかとおもいます。わたしは実際に「デジタルデラックス版にすればよかったなー!!!」と何度も後悔していました。

公式サイトやOriginなどの購入画面を見ると、そこでデジタルデラックス版が買えます。ですがもう本体は持っているし、デジタルデラックス版って買い直さないといけないの?じゃあすごく安くなっているセールの時にしようかな?でももったいないな~先に本体買っちゃったな~と悩む方もいるかとおもいます。わたしのことなんですけども
そして本当に最近分かったんですけど、このように本体を先に買った場合でも「アップグレード」という方法で差額を払うことにより、標準版からデジタルデラックス版にすることができたんですね!これがずっと分からなくてためらっていたんです!!

本体や拡張パックを購入できるリストの中に、「デジタルデラックスアップグレード」という1400円くらいの商品があります。これです。標準版を先に買って、後からデジタルデラックス版に替えたい方は、これを購入します。
セール中のスクショで少し見にくいですがこんなパッケージの表示になっているとおもいます。
わたしはOriginから起動しているのでその環境で書いていますが、購入するとすぐにダウンロードが始まります。
※シムズのアップデートやダウンロードはこのように自動で行われるので、「とりあえず今は買うだけ買っておいて、導入は後でやりたい」という方はOriginの上のバー左「Origin」をクリックし、その中にある「オフラインにする」をクリックしてください。これでOriginはオフライン状態になり、ダウンロードやゲームのアップデートなどがされなくなります。この状態だとギャラリーにも接続できなくなるので、大型アップデートなどで挙動やバグが不安な時にちょっと見送って様子を見る、といった時に使うことが多い方法だとおもいます。

アップグレードはこれで完了です。やり方と言うほどもないくらい簡単ですね。
ダウンロードが終わった状態でシムズを起動すると、もうデジタルデラックス版として始められます。アイテムやパーティーの種類が増えていることで確認できるかとおもいます。

注意点など

シムズの追加パックは基本的にそうなのですが、このデジタルデラックス版は、アップグレードした後に外す、オフにすることができません。「入れてみたけどやっぱりこの要素いらなかったなー」と思っても、ダウングレードができないんですよね。
他のパックは、コードを使うことによってオンオフを切り替えて起動させることもできるのですが、このデジタルデラックス版だけは除外ができないんです。なので、まあ入っていてそんなに困るような要素ではないので大丈夫だとは思いますが、入れたら外せないということだけ念頭に置いておいた方がいいかとおもいます。
※追加パックのオンオフについては、このブログの「はじめに」の記事の下の方に書いてあります。あんまり大したことを書いていない記事なので改めてリンクを貼るのはお恥ずかしいんですが一応そちらで確認できるように手順が載っています。

なぜ唐突にデジタルデラックス?というタイミングですが、セールが来ているんですよね。実は少し前からアップグレードをしたいと思っていたんですが、このアップグレード版がなーかなかセールにならないんですよ!
現在来ている、1月13日までのセールではこのアップグレード版も対象になっており、なんと定価の80%オフで買えます。1400円が280円です。大変安いです。
わたしはシムズ本体も定価で買っているんですが、どうしてもデラックス版じゃなきゃダメということは無かったのでセールを待ちたいなーとおもっていました。しかし本体や拡張、デラックス版のセールが来ても、このアップグレード版だけ全然セールにならなくて長いこと見送っていました。
たぶん珍しいセールだと思うので、もう本当にあと数日しかないですが悩んでいる方は今がチャンスかなとおもいます。わたしが見落としてただけでよくくるセールだったらすみません。

以上、デジタルデラックスアップグレードをしてみた話でした。めちゃくちゃ今さらな話だったかとおもいますが、自分が初心者丸出しでよく悩んでしまうので、同じように悩んでいらっしゃる方がもしいれば少しでもご参考になりましたら嬉しいです!

ABOUT

このブログは、Electronic Arts社より発売されているPCゲーム【The Sims4】のファンブログ、プレイ日記です。
ブログ内に掲載しているスクリーンショットは、個人のプレイ中の画面を撮影したものです。画像や文章の無断転載はご遠慮ください。
ブログへのリンクはご自由にどうぞ。
書いている人@鹿崎(shikazaki)
ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加させて頂いています。応援にクリックして頂けると嬉しいです!

人気の投稿

最新のコメント

このブログを検索

QooQ